CROSS OVER Vol.18 In シンガポール 参加者募集!

 

 

こんにちは、PEDDY POTです。

2019年7月22-26日予定でシンガポールで開催されるCROSS OVER Vol.18の参加者の募集です。

 

◉タイトル:CROSS OVER Vol.18

 

◉テーマ:基本的には自由 ( 政治、宗教批判などは禁止 )。新作、既作自由。

 

◉期間:2019年7月22-26日予定

 

◉開催地域:シンガポール共和国

 

◉場所:The Company Singapore (https://thecompany.jp/space-for-rent_en/space-singapore/)

 

◉作品:A3サイズ前後のアート作品 (1個あたり全重量 1kg 前後、割れ物禁止 )、サイズなどは相談可

 

◉点数:2 点 ( 以前に参加した方は 3 点 ) 

 

◉人数:10 名前後予定

 

◉参加費:44,000 円 ( 場所代、現地での送料や移動費、宣伝、設営、 在廊、ギャラリーとの連絡などの全作業込み )※国内の送料のみ別途、それ以外追加でかかるものはございません。

 

◉納期 : 7月8日必着 ( 国内の PEDDY POT の自宅か他に渡航するスタッフ の自宅に配送 ) 

 

◉入金:7月10日予定 ( 分割など相談可 ) 

 

 

◉備考

●もし展示に合わせて渡航される場合は渡航費はご負担ください。会場の作品配置などはこちらで構成致します。

参加決定後のキャンセルは厳禁です。

 

●展示参加決定後や参加費入金後のキャンセルは基本的に返金致しかねます。

 

●毎回細心の注意を払って作品は運搬していますが、運搬途中の作品の破損の補償は致しかねます。

 

●日本⇆シンガポール間の輸送は飛行機の預け荷物かEMSで送料は負担します。シンガポール内での送料も負担します。

日本国内の送料のみ別途出展者様のご負担でお願いします。

 

●今までの展示で集客に問題はありませんでしたが、必ず展示の集客を保証するものではありません。

 

●基本的にはこの日程ですが急遽変更になる可能性もあります。

もし万が一展示が中止になった場合はもちろん振替やあるいは返金も行います。その際は迅速にご連絡、対応致します。

 

 

会場はシンガポールの中心地にあるThe Campany Singaporeという新しい複合オフィス兼コワーキングスペースです。

過去に写真展なども開催されたこともあり、会場はギャラリーではないですが、アートに興味がある人も出入りしています。

 

現地の方々だけではなく、他の世界各国からのオフィスや駐在で来ている人などが働いている場所ですので、日本で行うのとはまた別の角度から展示の反応などを見る機会になります。

 

シンガポールは東京都23区程度の狭い国ですが、マレー半島の先端に位置し東南アジアのハブとして中華系、マレー系、インド系をメインに多民族国家として発展している世界屈指の都市国家であり先進国です。

 

ますます経済や文化の発展が加速しているシンガポールでの展示は必ず現地の勢いに自分自身が触発されますし、現地で作品を見てもらうだけでなく、様々な国の人とも交流できます。多民族国家で様々な価値観や文化が混在しているため、日本にいるだけでは得られないようなレスポンスや体験は今後の活動のインスピレーションになるかもしれません。

 

今まで台湾、アメリカ、韓国、中国、シンガポール、マレーシア、カンボジア、タイ、ミャンマーの現地の国際アートフェアへの参加や、グループ展の開催経験もあるPEDDY POTがサポートします!

 

ギャラリーとのやりとりなど作業は全て行いますので現地に来ることがなくても気軽に海外の展示に参加できます。参加希望の方、興味がある方は是非ご連絡ください。よろしくお願い致します。

 

 

 

募集終了 CROSS OVER Vol.17 In 香港 参加者募集!

 

 

こんにちは、PEDDY POTです。

2019年6月10-19日の香港で開催されるCROSS OVER Vol.17の参加者の募集です。

 

◉タイトル:CROSS OVER Vol.17

 

◉テーマ:基本的には自由、自分にとってCROSS OVERとは何か?新作、既作自由です。

 

◉期間:2019年6月10-19日

 

◉開催地域:中華人民共和国香港特別行政区

 

◉場所:Jockey Club Art Centre 賽馬會創意藝術中心 (http://www.jccac.org.hk/?lang=en)

 

◉作品:A3サイズ前後のアート作品。1個あたり全重量1kg前後にお願いします。サイズは多少前後可。額装の有無は自由ですがガラスなど割れやすい額装は禁止、壊れやすい作品も禁止。

 

◉点数:2点 (以前に参加した方は3点)

 

◉人数:20名前後予定

 

◉参加費:44000円 (場所代、印刷費、現地での送料や移動費、宣伝費、設営、在廊、ギャラリーとの連絡などの全作業込み)

 

◉納期 : 5月25日必着 (国内のPEDDY POTの自宅か他に渡航するスタッフの自宅に配送)

 

◉入金:5月25日予定 (分割も相談可)

 

◉備考

●もし展示に合わせて渡航される場合は渡航費はご負担ください。会場の作品配置などはこちらで構成致します。参加決定後のキャンセルは厳禁です。

 

●毎回細心の注意を払って作品は運搬していますが、運搬途中の作品の破損の補償は致しかねます。

 

●日本⇆香港の送料は飛行機の預け荷物かEMSで負担します。香港内での送料も負担します。日本国内の送料のみ出展者のご負担でお願いします。

 

●基本的にはこの日程ですが海外のことですので急遽変更になる可能性もあります。その際は迅速にご連絡、対応致します。

 

 

ギャラリーとのやりとりなど作業は全て行いますので現地に来ることがなくても気軽に海外の展示に参加できます。

 

香港は1997年までイギリスの植民地として切り離されていた経緯から、中国返還後の現在も高度な自治権が置かれ、イギリス統治下から引き継いだ経済基盤を生かした国際都市として発展し、ニューヨーク、ロンドンと並び世界三代金融センターとして東アジアを牽引する先進地域です。

 

会場は香港の中心地ながら下町の雰囲気のある深水埗で、Jockey Club Art Centre (賽馬會創意藝術中心)という複合アート施設です。運営は香港政府、香港賽馬会慈善信託基金、香港浸会大学、香港芸術発展局、香港芸術中心が合同で行なっております。

 

以前別用途で使用されていたビルを2008年にリノベーションしてできたこの施設は、建物すべてがギャラリーやアトリエになっていることから香港のみならず世界各地からアートに興味がある人が訪れるだけでなく、若手の作家やベテランなど様々なジャンルのアーティストがアトリエで制作活動もしているユニークな場所で、日本では得られないような多くのレスポンスや可能性を秘めています。

 

ますます経済や文化の発展が加速している東アジアでの展示は必ず現地の勢いに自分自身が触発されますし、

現地で作品を見てもらうだけでなく日本だけでなく様々な国の人と交流するチャンスです。

 

今まで台湾、アメリカ、韓国、シンガポール、マレーシア、カンボジア、タイ、ミャンマーの現地の国際アートフェアへの参加や、グループ展の開催経験もあるPEDDY POTがサポートします!

 

参加希望の方、興味がある方は是非ご連絡ください。よろしくお願い致します。

 

 

 

募集終了 CROSS OVER Vol.16 In タイ 参加者募集!

 

 

こんにちは、PEDDY POTです。

2019年 5月18-19,21-22,25-27日 予定でタイのバンコクで開催されるCROSS OVER Vol.16の参加者の募集です。

 

◉タイトル:CROSS OVER Vol.16

 

◉テーマ:基本的には自由 ( 政治、宗教、過激な作風は禁止 )。新作、既作自由。

 

◉期間:2019年 5月18-19,21-22,25-27日 予定

 

◉開催地域:タイ王国

 

◉場所:The Company Bangkok (http://thecompany.jp)

 

◉作品:A3サイズ前後のアート作品 (1個あたり全重量 1kg 前後、割れ物禁止 )。

 

◉点数:2 点 ( 以前に参加した方は 3 点 ) 

 

◉人数:10 名前後予定

 

◉参加費:44,000 円 ( 場所代、印刷費、現地での送料や移動費、宣伝費、設営、 在廊、ギャラリーとの連絡などの全作業込み )

 

◉納期 : 4月30日必着 ( 国内の PEDDY POT の自宅か他に渡航するスタッフ の自宅に配送 ) 

 

◉入金:4月30日予定 ( 分割も相談可 ) 

 

 

◉備考

●もし展示に合わせて渡航される場合は渡航費はご負担ください。会場の作品配置などはこちらで構成致します。参加決定後のキャンセルは厳禁です。

 

●毎回細心の注意を払って作品は運搬していますが、運搬途中の作品の破損の補償は致しかねます。

 

●日本⇆タイの送料は飛行機の預け荷物かEMSで負担します。タイ国内での送料も負担します。日本国内の送料のみ出展者のご負担でお願いします。

 

●基本的にはこの日程ですが急遽変更になる可能性もあります。その際は迅速にご連絡、対応致します。

 

 

ギャラリーとのやりとりなど作業は全て行いますので現地に来ることがなくても気軽に海外の展示に参加できます。

 

会場はバンコクの中心地アソーク周辺にあるシェアオフィス、コワーキングスペースThe Company Bangkokで行われます。

普段は文字通りオフィスですが、催しや展示なども頻繁に行われており集客も多く、今回このスペースを利用してCROSS OVERを行うことになりました。

 

観光などでも日本人にも人気の高いタイのバンコクは、世界中から観光客を惹きつける見どころある仏教遺跡や、雑多な屋台などが集まった路地裏、急速に発展する高層ビルなどが混在したアジアらしい発展の熱気あふれる東南アジアを代表する都市です。

 

近年の経済発展に伴いアートに興味を持つ人が増えてきたこともあり、市内に中小規模のアートギャラリーも数多くでき、まだ大規模なアートフェアなどはありませんが、一般の人達が気軽に巡れるアートイベントも行われるなど近年シーンが盛り上がってきています。

 

そして会場は様々な国籍の人達が出入りする場所ですので日本で行うのとはまた別の角度から展示の反応などを見る貴重なチャンスです。

 

ますます経済や文化の発展が加速している東南アジアでの展示は必ず現地の勢いに自分自身が触発されますし、

現地で作品を見てもらうだけでなく日本だけでなく様々な国の人とも交流できます。

 

今まで台湾、アメリカ、韓国、シンガポール、マレーシア、カンボジア、タイ、ミャンマーの現地の国際アートフェアへの参加や、グループ展の開催経験もあるPEDDY POTがサポートします!

 

参加希望の方、興味がある方は是非ご連絡ください。よろしくお願い致します。