CROSS OVER Vol.24 In Singapore 出展者募集!

 

◉タイトル:CROSS OVER Vol.23

 

◉テーマ:基本的には自由 ( 政治、宗教問題などは禁止 )。新作、既作自由。

 

◉期間:2020月5月4-10日予定

 

◉開催地域:シンガポール共和国

 

◉場所 : The Substation (http://www.substation.org)

 

◉作品:A3サイズ前後のアート作品 (1個あたり全重量 1kg 前後、割れ物禁止 )、サイズなどは相談可

 

◉点数:2 点 ( 以前に参加した方は 3 点 ) 

 

◉人数:15名前後予定

 

◉参加費:44,000 円 ( 場所代、現地での送料や移動費、宣伝、設営、 在廊、ギャラリーとの連絡などの全作業込み )

※国内の送料のみ別途、それ以外追加でかかるものはございません。

 

◉納期 : 4月26日必着 ( 国内のPEDDY POTの自宅か他に渡航するスタッフの自宅に配送 ) 

 

◉入金:4月26日予定 ( 分割など相談可 ) 

 

◉備考

●もし展示に合わせて渡航される場合は渡航費はご負担ください。会場の作品配置などはこちらで構成致します。

参加決定後のキャンセルは厳禁です。

 

●展示参加決定後や参加費入金後のキャンセルは基本的に返金致しかねます。

 

●毎回細心の注意を払って作品は運搬していますが、運搬途中の作品の破損の補償は致しかねます。

 

●日本⇆シンガポール間の輸送は飛行機の預け荷物かEMSで送料は負担します。シンガポール国内での送料も負担します。

日本国内の送料のみ別途出展者様のご負担でお願いします。

 

●今までの展示で集客に問題はありませんでしたが、必ず展示の集客を保証するものではありません。

 

●基本的にはこの日程ですが急遽変更になる可能性もあります。

もし万が一展示が中止になった場合はもちろん振替やあるいは返金も行います。その際は迅速にご連絡、対応致します。

 

●展示風景の写真はデータで全部展示開始後にお送りいたします。

 

●作品は展示終了後の2ヶ月前後には返送いたします。

 

●参加者は集まり次第募集は終了するのでご了承ください。

 

会場はシンガポールの中心地のブギス、シティホール周辺にある複合アートギャラリーのThe Substationで行います。

会場内は複数のギャラリーやシアターが入っている施設で、国内外のオルタナティブで実験的なアーテストの活動場所になっているところです。

 

会場自体現地で有名なことや、人目につきやすい場所ということもあり集客面でも問題はありません。

過去1回ここで展示を行いましたが現地の人や外国人まで幅広い客層の人たちが訪れてくれました。

 

シンガポールはマレー半島の最先端に位置する東京23区ほどの面積の国ながら、その地理を生かして東南アジアの中継地点として貿易や金融で発展した都市国家であり世界有数の先進国の一つです。

 

中華系、マレー系、インド系の住民がメインに生活する多民族国家で極めてグローバルな環境であり、過去の展示の参加者が現地の別のイベントに参加するきっかけも生まれたこともあり、ここでのアクションが今後に繋がる事もあるだけでなく、東南アジアの他の国で活動する機会が生まれるかもしれません。

 

今まで台湾、アメリカ、韓国、中国、シンガポール、マレーシア、カンボジア、タイ、ミャンマー、フランス、イギリスの現地のCROSS OVERの展示の開催やその他のアートフェアや国際展示会にも参加経験のあるPEDDY POTがサポートします!

 

ギャラリーとのやりとりなど作業は全て行いますので現地に来ることがなくても気軽に海外の展示に参加できます。

 

参加希望の方、興味がある方は是非ご連絡ください。宜しくお願い致します。

 

CROSS OVER Vol.23 In 台湾 出展者募集!

募集終了しました

 

 

2020年3月16-25日予定で台湾、台北で開催されるCROSS OVER Vol.23の参加者の募集です。

 

◉タイトル:CROSS OVER Vol.23

 

◉テーマ : 基本的には自由 ( 政治、宗教批判などは禁止 )。新作、既作自由。

 

◉期間 : 2020年3月16-25日 (平日のみ)予定

 

◉開催地域 : 台湾

 

◉場所 : CROWN BUSINESS CENTER (http://cbcspace.com)

 

◉作品 : A3サイズ前後のアート作品 (1個あたり全重量 1kg 前後、割れ物禁止 )、サイズなどは相談可

 

◉点数 : 2 点 ( 以前に参加した方は 3 点 ) 

 

◉人数 : 30名前後予定

 

◉参加費 : 44,000 円 ( 場所代、現地での送料や移動費、宣伝、設営、 在廊、ギャラリーとの連絡などの全作業込み )※国内の送料のみ別途、それ以外追加でかかるものはございません。

 

◉納期 : 3月3日必着 ( 国内の PEDDY POT の自宅か他に渡航するスタッフ の自宅に配送 ) 

 

◉入金 : 3月3日予定 ( 分割など相談可 ) 

 

 

◉備考

●もし展示に合わせて渡航される場合は渡航費はご負担ください。会場の作品配置などはこちらで構成致します。

参加決定後のキャンセルは厳禁です。

 

●展示参加決定後や参加費入金後のキャンセルは基本的に返金致しかねます。

 

●毎回細心の注意を払って作品は運搬していますが、運搬途中の作品の破損の補償は致しかねます。

 

●日本⇆台湾間の輸送は飛行機の預け荷物かEMSで送料は負担します。台湾内での送料も負担します。

日本国内の送料のみ別途出展者様のご負担でお願いします。

 

●今までの展示で集客に問題はありませんでしたが、必ず展示の集客を保証するものではありません。

 

●基本的にはこの日程ですが急遽変更になる可能性もあります。

もし万が一展示が中止になった場合はもちろん振替やあるいは返金も行います。その際は迅速にご連絡、対応致します。

 

●作品販売に関しては会場によって異なるので要相談。

 

●展示風景の写真はデータで全部展示開始後にお送りいたします。

 

●作品は展示終了後の1ヶ月前後には返送いたします。

 

 

会場は台湾の台北の中心地の一つである南京復興にあるCROWN BUSINESS CENTERという新しい複合オフィス兼コワーキングスペースで、今まで2回CROSS OVERを行いました。

 

会場はギャラリーではないですが、フロアほぼ全てが展示スペースになっており、アート好きなオーナーの計らいにより展示を開催できることになりました。

 

多くのオフィスが入っているので人通りは多いだけでなく外部からの来客も多いので、オーナーやスタッフがオフィスを案内するのと同時に展示ついても案内もしてくれます。

 

様々な業界のオフィスや来客があるため客層にばらつきが少なく日本で行うのとはまた別の角度から展示の反応などを見る機会になります。

 

台湾は日本から最も近い外国の一つで、日本人の人気の観光地の一つとして定着していますし、台北は故宮や士林市場、九份、淡水河など見所ある観光名所も多くあります。台湾の人達も日本に旅行に来る人も多くいるなど近年ますます交流が進んでいます。

 

また台湾は半導体製造などの産業をメインに経済発展を遂げ、香港、シンガポール、韓国と並び東アジアを牽引する先進地域の一つにも数えられ、変化のスピードが特に早い地域という一面もあります。

 

台湾での展示は必ず現地の勢いに自分自身が触発されますし、現地で作品を見てもらうだけでなく、様々な国の人とも交流できます。日本にいるだけでは得られないようなレスポンスや体験は今後の活動のインスピレーションになるかもしれません。

 

今まで台湾、アメリカ、韓国、中国、シンガポール、マレーシア、カンボジア、タイ、ミャンマーの現地の国際アートフェアへの参加や、グループ展の開催経験もあるPEDDY POTがサポートします!

 

ギャラリーとのやりとりなど作業は全て行いますので現地に来ることがなくても気軽に海外の展示に参加できます。

参加希望の方、興味がある方は是非ご連絡ください。宜しくお願い致します。

 

 ※定員に達したので募集終了しました 

CROSS OVER Vol.22 In Singapore 参加者募集!

 

 

2020年1月18-24日予定でシンガポールで開催されるCROSS OVER Vol.22の参加者の募集です。

 

◉タイトル:CROSS OVER Vol.22

 

◉テーマ:基本的には自由 ( 政治、宗教問題などは禁止 )。新作、既作自由。

 

◉期間:2020月1月18-24日予定

 

◉開催地域:シンガポール共和国

 

◉場所:The Company Singapore

 

◉作品:A3サイズ前後のアート作品 (1個あたり全重量 1kg 前後、割れ物禁止 )、サイズなどは相談可

 

◉点数:2 点 ( 以前に参加した方は 3 点 ) 

 

◉人数:10名前後予定

 

◉参加費:44,000 円 ( 場所代、現地での送料や移動費、宣伝、設営、 在廊、ギャラリーとの連絡などの全作業込み )

※国内の送料のみ別途、それ以外追加でかかるものはございません。

 

◉納期 : 1月5日必着 ( 国内のPEDDY POTの自宅か他に渡航するスタッフの自宅に配送 ) 

 

◉入金:1月5日予定 ( 分割など相談可 ) 

 

◉備考

●もし展示に合わせて渡航される場合は渡航費はご負担ください。会場の作品配置などはこちらで構成致します。

参加決定後のキャンセルは厳禁です。

 

●展示参加決定後や参加費入金後のキャンセルは基本的に返金致しかねます。

 

●毎回細心の注意を払って作品は運搬していますが、運搬途中の作品の破損の補償は致しかねます。

 

●日本⇆シンガポール間の輸送は飛行機の預け荷物かEMSで送料は負担します。シンガポール国内での送料も負担します。

日本国内の送料のみ別途出展者様のご負担でお願いします。

 

●今までの展示で集客に問題はありませんでしたが、必ず展示の集客を保証するものではありません。

 

●基本的にはこの日程ですが急遽変更になる可能性もあります。

もし万が一展示が中止になった場合はもちろん振替やあるいは返金も行います。その際は迅速にご連絡、対応致します。

 

●展示風景の写真はデータで全部展示開始後にお送りいたします。

 

●作品は展示終了後の2ヶ月前後には返送いたします。

 

●参加者は集まり次第募集は終了するのでご了承ください。

 

会場はシンガポールの中心地のブギス、シティホール周辺にある複合オフィス兼カフェスペースのThe Company Singaporeで行います。

会場は本来はギャラリーではないですが、過去に外国人作家の展示も行われるなど展示できる環境は整っていて、過去にCROSS OVERの展示も一回行いました。

 多くのオフィスが入っているので人通りは多いだけでなく外部からの来客も多いので、オーナーやスタッフがオフィスを案内するのと同時に展示ついても案内もしてくれます。

 

様々な業界のオフィスや来客があるため客層にばらつきが少なく日本で行うのとはまた別の角度から展示の反応などを見る機会になります。

シンガポールはマレー半島の最先端に位置する東京23区ほどの面積の国ながら、その地理を生かして東南アジアの中継地点として貿易や金融で発展した都市国家であり世界有数の先進国の一つです。

中華系、マレー系、インド系の住民がメインに生活する多民族国家で極めてグローバルな環境であり、過去の展示の参加者が現地の別のイベントに参加するきっかけも生まれたこともあり、ここでのアクションが今後に繋がる事もあるだけでなく、東南アジアの他の国で活動する機会が生まれるかもしれません。

 

今まで台湾、アメリカ、韓国、中国、シンガポール、マレーシア、カンボジア、タイ、ミャンマー、フランスの現地のCROSS OVERの展示の開催やその他のアートフェアや国際展示会にも参加経験のあるPEDDY POTがサポートします!

 

ギャラリーとのやりとりなど作業は全て行いますので現地に来ることがなくても気軽に海外の展示に参加できます。

 

参加希望の方、興味がある方は是非ご連絡ください。宜しくお願い致します。