CROSS OVER Vol.28 In Malaysia 出展者募集!

 

今回はマレーシア、クアラルンプールにあるアートスペースRAW Art Spaceで展示を行います。

 

現在新型コロナウイルス蔓延のため世界各国で渡航制限があり直接現地に渡航する事が難しいため、今回は情勢が落ち着いて経済活動が再開しているマレーシアに作品を送り展示し、現地の会場とネットを繋いで日本からオンラインで在廊することにしました。もちろん会場内にも現地のギャラリーのスタッフが在廊します。

 

◉タイトル:CROSS OVER Vol.28

 

◉テーマ : 基本的には自由 ( 政治、宗教問題や動物モチーフなどは禁止 )。新作、旧作自由。

 

◉期間 : 2020月12月12-20日予定

 

◉開催地域 : マレーシア、クアラルンプール

 

◉場所 : RAW ART SPACE (https://www.facebook.com/rawartspacekl)

 

◉作品 : A3サイズ前後のアート作品 ( 1個あたり全重量 1kg 前後、割れ物禁止 )、サイズなどは相談可

 

◉点数 : 2点 

 

◉人数 : 12名前後予定

 

◉参加費 : 35,000 円

( 場所代、現地での送料や移動費、宣伝、設営、 在廊、ギャラリーとの連絡などの全作業込み )

( 作品が売れた際の手数料はなし、ギャラリーへのマージンも込み )

※国内の送料、作品が売れた際の国内銀行振込手数料は出展者の負担、それ以外追加でかかる費用はございません。

 

◉納期 : 11月23日(日)必着 (主催のPEDDY POTの国内滞在地に配送)

 

◉入金 : 2020年内 ( 分割など相談可 ) 

 

◉募集締め切り : 11月23日(メンバーの集まり次第で早期終了あり)

 

◉備考

●会場の作品配置などはこちらで構成致します。

 

●参加決定後のキャンセルは厳禁です。

 

●展示参加決定後や参加費入金後のキャンセルは基本的に返金致しかねます。

 

●毎回細心の注意を払って作品は運搬していますが、運搬途中の作品の破損の補償は基本的には致しかねます。

 

●日本⇆マレーシア間の輸送はEMSなどで送料は負担します。マレーシア内での送料も負担します。

日本国内の送料のみ別途出展者様のご負担でお願いします。

 

●今までの展示で集客に問題はありませんでしたが、必ず展示の集客を保証するものではありません。

 

●基本的にはこの日程ですが急遽変更になる可能性もあります。

もし万が一展示が中止になった場合は振替開催や参加費返金を行います。その際は迅速にご連絡、対応致します。

 

●展示風景の写真はデータで全部展示開始後にお送りいたします。

 

●作品は展示終了後の2ヶ月前後には返送いたします。 

 

マレーシアは東南アジアマレー半島とボルネオ島に位置する国家で、マレー系をメインに中華系、インド系の三民族をメインとする多民族国家です。

 

物流の要所であるマレー半島であることや、英語が公用語であること、中華圏、インドをはじめとする南アジア、またタイ、

シンガポールなどの隣国や、イスラム教であることから中東国家との結びつきも強いことなど、かなり国際的な環境です。

80年代以降から工業化が進み経済発展が加速し、隣国シンガポールには及ばないものの、東南アジアで二番目の所得水準で比較的豊かで今後も発展が期待できる地域です。

 

会場は首都クアラルンプールの都心の部の中華街にあるRAW ART SPACEで、駅から徒歩1分の場所で立地も恵まれています。

大きいスペースではないですが、現地のオルタナティブなアーティストの展示や、パンクや実験バンドのライブもしており、観光だけでは見ることのできない独特でアンダーグラウンドなシーンを覗くことができます。以前も展示をしたこともありオーナーとは仲が良いので、展示の環境も揃っています。

 

マレーシアでの展示は必ず現地の勢いに自分自身が触発されますし、現地で作品を見てもらうだけでなく、様々な国の人とも交流できます。日本にいるだけでは得られないようなレスポンスや体験は今後の活動のインスピレーションになるかもしれません。

 

今まで台湾、韓国、香港、シンガポール、マレーシア、カンボジア、タイ、ミャンマー、フランス、イギリスなどの現地の国際アートフェアへの参加や、グループ展の開催経験もあるPEDDY POTがサポートします!

 

ギャラリーとのやりとりなど作業は全て行いますので現地に来ることがなくても気軽に海外の展示に参加できます。

参加希望の方、興味がある方は是非ご連絡ください。宜しくお願い致します。

 

※募集締め切りました

CROSS OVER Vol.24 In The U.K 出展者募集!

※CROSS OVER Vol.27に順序変更予定、内容は変更なし

 

◉タイトル:CROSS OVER Vol.24 (予定)

※今回は日英交流年"UK in JAPAN 3019-20"で日英の大使館公認に展示になり、大使館経由でも告知が行われます。

 

◉テーマ : 基本的には自由 ( 政治、宗教問題などは禁止 )。新作、旧作自由。

 

◉期間 : 2020月11月3-12日 (新型コロナウイルスの今後の状況次第で予定変更の可能性あり、延期などは柔軟に対応可)

 

◉開催地域 : イギリス、ロンドン 

 

◉場所 : Sway Gallery London ( http://london.sway-gallery.com )

※現地で実際に展示を行いますが、今回は会場とネットを繋いで日本からオンラインで在廊します。

もちろん会場内にも現地のスタッフが在廊します。

 

◉作品 : A3サイズ前後のアート作品 ( 1個あたり全重量 1kg 前後、割れ物禁止 )、サイズなどは相談可

 

◉点数 : 1-3点 

 

◉人数 : 20名前後予定

 

◉参加費 : 44,000 円

( 場所代、現地での送料や移動費、宣伝、設営、 在廊、ギャラリーとの連絡などの全作業込み )

( 作品が売れた際の手数料はなし、ギャラリーへのマージンも込み )

※国内の送料、作品が売れた際の国内銀行振込手数料は出展者の負担、それ以外追加でかかる費用はございません。

 

◉納期 : 9月30日必着 (主催のPEDDY POTの国内滞在地に配送)

 

◉入金 : 2020年内 ( 分割など相談可 ) 

 

◉募集締め切り : 8月30日 (メンバーの集まり次第で早期終了あり)

 

◉備考

●会場の作品配置などはこちらで構成致します。

 

●参加決定後のキャンセルは厳禁です。

 

●展示参加決定後や参加費入金後のキャンセルは基本的に返金致しかねます。

 

●毎回細心の注意を払って作品は運搬していますが、運搬途中の作品の破損の補償は基本的には致しかねます。

 

●日本⇆イギリス間の輸送は飛行機の預け荷物かEMSで送料は負担します。イギリス国内での送料も負担します。

日本国内の送料のみ別途出展者様のご負担でお願いします。

 

●今までの展示で集客に問題はありませんでしたが、必ず展示の集客を保証するものではありません。

 

●基本的にはこの日程ですが急遽変更になる可能性もあります。

もし万が一展示が中止になった場合はもちろん振替やあるいは返金も行います。その際は迅速にご連絡、対応致します。

 

●展示風景の写真はデータで全部展示開始後にお送りいたします。

 

●作品は展示終了後の2ヶ月前後には返送いたします。 

 

 

ロンドンはイギリスの首都でヨーロッパ最大規模の都市のうちの一つです。

 

イギリスは主要先進国の一つであり、ロンドンは世界金融センターとして世界経済の中枢に位置し、多国籍民族が集まるダイバーシティです。

 

また文化面でもストリートアート、ファッション、ロックなどユースカルチャーが大変盛んで新旧問わず文化が混在している大変見所がある場所です。

 

今回はロンドンの中心部にある日本をテーマにしているアートスペース、ショップのSway Gallery Londonで行います。

ロンドンで展示経験は初めてですが、今回のギャラリーはパリにもあり、去年の展示の時には多くの来場者があった他作品が全部売れた人もいるなど大盛況でした。

 

今回の会場もとてもいいところなので、状況が復活すれば充実した展示なることは確信しております。

未来が見通せないこんな時ですが、少しづつでも動いていきたいので、可能でしたら展示にご参加いただきたいです。

 

今まで台湾、アメリカ、韓国、中国、シンガポール、マレーシア、カンボジア、タイ、ミャンマー、フランス、イギリスの現地のCROSS OVERの展示の開催やその他のアートフェアや国際展示会にも参加経験のあるPEDDY POTがサポートします!

 

ギャラリーとのやりとりなど作業は全て行いますので現地に来ることがなくても気軽に海外の展示に参加できます。

 

参加希望の方、興味がある方は是非ご連絡ください。宜しくお願い致します。

 

※募集締め切りました

CROSS OVER Vol.25 In 台湾 出展者募集!

 

 

今回は台湾の台中にあるYao Alternative Spaceで展示を行います。

現在新型コロナウイルス蔓延のため世界各国で渡航制限があり直接現地に渡航する事が難しいため、今回は情勢が落ち着いて経済活動が再開している台湾に作品を送りで展示し、現地の会場とネットを繋いで日本からオンラインで在廊することにしました。もちろん会場内にも現地のギャラリーのスタッフが在廊します。

 

◉タイトル:CROSS OVER Vol.25 (予定)

 

◉テーマ : 基本的には自由 ( 政治、宗教問題などは禁止 )。新作、旧作自由。

 

◉期間 : 2020月10月9-18日予定

 

◉開催地域 : 台湾 台中

 

◉場所 : Yao Alternative Space (https://www.facebook.com/yaospace/)

 

◉作品 : A3サイズ前後のアート作品 ( 1個あたり全重量 1kg 前後、割れ物禁止 )、サイズなどは相談可

 

◉点数 : 2点 

 

◉人数 : 10-20名前後予定

 

◉参加費 : 30,000 円

( 場所代、現地での送料や移動費、宣伝、設営、 在廊、ギャラリーとの連絡などの全作業込み )

( 作品が売れた際の手数料はなし、ギャラリーへのマージンも込み )

※国内の送料、作品が売れた際の国内銀行振込手数料は出展者の負担、それ以外追加でかかる費用はございません。

 

◉納期 : 9月20日必着 (主催のPEDDY POTの国内滞在地に配送)

 

◉入金 : 2020年内 ( 分割など相談可 ) 

 

◉募集締め切り : 9月20日 (メンバーの集まり次第で早期終了あり)

 

◉備考

●会場の作品配置などはこちらで構成致します。

 

●参加決定後のキャンセルは厳禁です。

 

●展示参加決定後や参加費入金後のキャンセルは基本的に返金致しかねます。

 

●毎回細心の注意を払って作品は運搬していますが、運搬途中の作品の破損の補償は基本的には致しかねます。

 

●日本⇆台湾間の輸送はEMSなどで送料は負担します。台湾内での送料も負担します。

日本国内の送料のみ別途出展者様のご負担でお願いします。

 

●今までの展示で集客に問題はありませんでしたが、必ず展示の集客を保証するものではありません。

 

●基本的にはこの日程ですが急遽変更になる可能性もあります。

もし万が一展示が中止になった場合はもちろん振替やあるいは返金も行います。その際は迅速にご連絡、対応致します。

 

●展示風景の写真はデータで全部展示開始後にお送りいたします。

 

●作品は展示終了後の2ヶ月前後には返送いたします。 

 

会場は台湾の台中の中心地にあるYao Alternative Spaceです。

大規模なギャラリーではないですが、様々な実験的な展示が行われている文字通りオルタナティブなアート活動を目指す拠点です。

 

台湾は日本から最も近い外国の一つで、日本人の人気の観光地の一つとして定着しています。台湾の人達も日本に旅行に来る人も多くいるなど近年ますます交流が進んでいます。

 

台湾は半導体製造などの産業をメインに経済発展を遂げ、80年代から香港、シンガポール、韓国と並び東アジアを牽引する先進地域の一つにも数えられ、変化のスピードが特に早い地域という一面もあります。

台中は台湾中部にある第二の都市で半導体製造の拠点の都市になっている他、大規模ミュージアムや昔の商業施設を改築した中小規模のアートスペースや商店街もあり、またそれだけでなく台湾最大級の夜市もあるなど見所が多いです。

 

台湾での展示は必ず現地の勢いに自分自身が触発されますし、現地で作品を見てもらうだけでなく、様々な国の人とも交流できます。日本にいるだけでは得られないようなレスポンスや体験は今後の活動のインスピレーションになるかもしれません。

 

今まで台湾、アメリカ、韓国、中国、シンガポール、マレーシア、カンボジア、タイ、ミャンマーの現地の国際アートフェアへの参加や、グループ展の開催経験もあるPEDDY POTがサポートします!

 

ギャラリーとのやりとりなど作業は全て行いますので現地に来ることがなくても気軽に海外の展示に参加できます。

参加希望の方、興味がある方は是非ご連絡ください。宜しくお願い致します。