CROSS OVER Vol.33 In Taiwan

 

 

CROSS OVER Vol.33は新型コロナが収束した台湾で行いました。

会場は台中にあるYAO Alternative Spaceで、落ち着いた空間で日本よりも安全に会期を終えることができました。

現地に直接渡航できない中で、台中のローカルのアートに興味のある人達にもっとフォーカルを当てるにはどうしたらよいか、よりしっかり考えるきっかけになりました。

 

 

▶︎CROSS OVER Vol.33 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.32 In Thailand

 

 

CROSS OVER Vol.32はタイのバンコクにあるSathorn 11 Art Spaceで行いました。

落ち着いていた新型コロナが現地で再拡大する中での展示で不安もありましたが、こちらもサイトのアクセスが13000倍増えたり、そのサイトを見て訪れてくれた人もいるなど、情勢的に100%のパフォーマンスはできなかったものの、水面下で興味を持ってもらえたのも感じました。全体的に外国人の集客が多く、多く交流も持てました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.32 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.31 In Thailand

 

 

CROSS OVER Vol.31はタイのバンコクにあるGallery 21で行いました。

落ち着いていた新型コロナが現地で再拡大する中での展示で不安もありましたが、サイトのアクセスが13000倍増えたり、そのサイトを見て訪れてくれた人もいるなど、情勢的に100%のパフォーマンスはできなかったものの、水面下で興味を持ってもらえたのも感じ、今後の期待が持てる内容になりました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.31 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.27 In The U.K

 

 

CROSS OVER Vol.27はイギリス、ロンドンのSway Galleryで行いました。新型コロナウイルスの影響が世界中に波及する中、イギリス内でワクチンが普及し経済活動が再開した中でなんとか無事開催できました。

 

渡航制限で現地には行けなかったので、今回も会場にモニターを置き、日本からネットで在廊しました。

こんな時期でも場所をちゃんと選べば、実際に展示を行い人に見てもらえる手応えを感じた展示でした。

作品が完売した作家もいるなど内容も充実しました。

 

今回展示も去年に引き続き日英大使館公認イベントになりました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.27 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.30 In Thailand

 

 

CROSS OVER Vol.30はタイ、バンコクのPalette Art Spaceで行いました。

タイは新型コロナが落ち着いていること、会場の立地が良いということもあり、毎日ひっきりなしに来客があり、現地の学生、外国人、アーティスト、芸能人も訪れるなど集客は非常に幅広く充実したものになりました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.30 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.28 In Thailand

 

 

CROSS OVER Vol.28はタイ、バンコクのKalwit Studio & Galleryで行いました。

展示は小規模でしたが、新聞やアートメディアに作家が紹介されたり、作品が売れた作家や、オーナーに気に入られ個展が決まった作家もいるなど、それぞれの作家の今後の展望に幅が広がる内容になりました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.28 FB Album

▶︎Prestige

▶︎Contest War

▶︎Bangkok Post

 

CROSS OVER Vol.29 In Malaysia

 

 

CROSS OVER Vol.29はマレーシア、ジョホールバルのSENSO ART GALLERY CAFEで行いました。

 

しかし期間直前にマレーシアの新型コロナ対策が強化され外出規制が行われ、会場の集客が難しくなったため、展示をVRを用いて行うなど初めての試みも実践しました。

 

出展者の作品は次回コロナが落ち着いているタイに開催を振り替えました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.29 FB Album

 

CROSS OVER Vol.25 In Taiwan

 

 

CROSS OVER Vol.25は新型コロナが収束した台湾で行いました。

会場は台中にあるYAO Alternative Spaceで、落ち着いた会場で多くの来場と作品の売買を高い水準で行うことができました。

 

今回も渡航制限で現地には行けなかったので、会場にモニターを置き、日本からネットを通して在廊しました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.25 FB Album

 

CROSS OVER Vol.24 In The U.K

 

 

CROSS OVER Vol.24も引き続き前回と同じイギリス、ロンドンのSway Galleryで行いました。新型コロナウイルスの影響が世界中に波及する中、予断を許さない時期もありましたがなんとか無事開催できました。

 

渡航制限で現地には行けなかったので、会場にモニターを置き、日本からネットで在廊する新しい試みで行いました。

こんな時期でも場所をちゃんと選べば、実際に展示を行い人に見てもらえる手応えを得ることができた展示でした。

 

今回展示は日英大使館公認イベントになりました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.24 FB Album

 

CROSS OVER Vol.23 In The U.K

 

 

CROSS OVER Vol.23は初めてイギリス、ロンドンのSway Galleryで行いました。新型コロナウイルスの影響が世界中に波及する中、予断を許さない時期もありましたがなんとか無事開催できました。

 

渡航制限で現地には行けなかったので、会場にモニターを置き、日本からネットで在廊する新しい試みで行いました。

こんな時期でも場所をちゃんと選べば、実際に展示を行い人に見てもらえる手応えを感じた展示でした。

 

今回展示は日英大使館公認イベントになりました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.23 FB Album

 

CROSS OVER Vol.26 In Thailand

 

 

CROSS OVER Vol.26は去年も行ったKalwit Studio & Galleryで行いました。新型コロナウイルスの影響が世界に波及する中、タイは感染者が落ち着いていて経済が再開していたので展示を行いました。

 

ただ渡航制限で現地には行けなかったので、会場にモニターを置き、日本からネットで在廊する新しい試みで行いました。

こんな時期でも場所をちゃんと選べば、実際に展示を行い人に見てもらえる手応えを得ることができた展示でした。

 

タイのアートメディアPRESTIGEにも特集が掲載されました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.26 FB Album

▶︎Prestige

 

CROSS OVER Vol.22 In Singapore

 

 

CROSS OVER Vol.18は再びシンガポールにあるシェアオフィス、カフェ、コワーキングスペースの複合施設のThe Company Sinaporeで行いました。ビジネスで来ている人から一般客まで常に様々な背景を持つ人が行き交う中で様々なジャンルの作風を見てもらうことができました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.22 FB Album

 

CROSS OVER Vol.21 In Thailand

 

 

今回の展示は5月にも展示を行ったバンコクにあるGMM Grammy内にあるオフィス/コワーキングスペース The Company Bangkokで再び行いました。

 展示自体はそこまで規模は大きくありませんでしたが、会場内も様々なイベントが行割れるので、その中で展示の告知をさせてもらったり、様々な業種や国籍の人たちが出入りしているので普段交流しないような人も展示に来てくれました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.21 Album

 

CROSS OVER Vol.20 In France

 

 

今回の展示は初めてフランスまで出向いて展示を行いました。会場はパリのなかでギャラリーなどが集まりアートに感度が高いマレ地区にあるSway Gallery Parisで行いました。

 

アートの本場ということもあり、どのような反響があるか不安なところもありましたが、立地もいい分客足も多く、多くの人が外から覗いて興味を持って入ってきてくれました。

 

そして見てもらえただけでなく作品が完売した作家もいるなど、どのような作品が受けたかなど傾向もかなりはっきり見ることもできました。パリはしっかり土壌があるからこそちゃんと展示をする意味があると体感する事ができた展示でした。

 

▶︎CROSS OVER Vol.20 FB Album

 

 

 

CROSS OVER Vol.19 In Taiwan

 

 

今回の展示は3月も行なった台北市内にあるシェアオフィスCROWN BUSINESS CENTERで行いました。

オフィス来場者向けの展示だったので大きな規模ではありませんでしたが、作品のオーダーが入ったり、作家の今回出展していない別の作品の購入の依頼も入るなど、日本ではあまりないような反響もありました。

普段は来客があるとスタッフが展示のスペースを案内してくれ、規模こそ小さかったものの、また挑戦したいと思える可能性がある展示でした。

 

▶︎CROSS OVER Vol.19 FB Album

 

 

 

CROSS OVER Vol.18 In Singapore

 

 

CROSS OVER Vol.18はシンガポールにあるシェアオフィス、カフェ、コワーキングスペースの複合施設のThe Company Sinaporeで行いました。ビジネスで来ている人から一般客まで常に様々な背景を持つ人が行き交う中で様々なジャンルの作風を見てもらうことができました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.18 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.17 In Hong Kong,China

 

 

CROSS OVER Vol.17は香港にあるアートセンターJCCACの地下1階で行いました。アートセンターということもあり展示空間をかなりしっかり使うことができました。一般の来客はもちろんキュレーターやコレクターも来場し、熱心な香港のアート事情も垣間見ることができました。アートフェアに参加した以外のCROSS OVERの展示では、今までで一番大規模に展示を行うことができ手応えもあったので、また行いたいと感じました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.17 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.16 In Bangkok,Thailand

 

 

CROSS OVER Vol.16は場所はタイ最大の芸能プロダクションGMMグラミーのビルの中にあるシェアオフィスのThe Companyで行いました。会場内も様々なイベントが行われていたのでその中で展示の紹介をさせてもらったり、オフィスは日系の会社ということもありバンコクの在住の日本人の来客も多くあり、普段は現地の人をターゲットにしていましたが、今回は新しい客層と交流することができました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.16 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.15 In Taipei,Taiwan

 

 

CROSS OVER Vol.15は以前展示を行ったCrown Business Centerの新しくできた別のシェアオフィスで行いました。フレンドリーなオーナーの元で積極的に集客や環境作りを行ってくれました。不動産関係の集客が多く一見アートと関係ないようにも思えますが、新築した建物に設置する絵画作品などの需要もあり、普段とは異なる客層の方々と交流できました。

 

 ▶︎CROSS OVER Vol.15 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.14 In Bangkok,Thailand

 

 

CROSS OVER Vol.14はタイのバンコクのアートスペースKalwit Studio & Galleryで行われました。ギャラリーは規模は大きくはないですが、現地で配布されているのアートマップにも記載されているところで、アットホームな雰囲気の展示を通してローカルな交流を掘り下げることができました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.14 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.11 In Singapore

 

 

CROSS OVER Vol.13はシンガポールのアートスペースThe Substationで行われました。ギャラリーは立地の良さと知名度もあり、また開催時期はシンガポール各地でアートウィークが行われていたこととも重なり、ギャラリー巡りをしている観光客や現地の学生などが訪れ、全体的に来客は多かったです。現地のオルタナティブなアート環境にまた少し足を踏み入れることができ、充実した展示期間になりました。

 

▶︎CROSS OVER Vol.13 FB Album

 

 

Art Square Taipei 2018 (第39屆 台北國際音響藝術大展)

 

 

台湾の台北で12/20~24の間に王朝大酒店(Sunworld Dynasty Hotel)で行われた国際アートフェアにCROSS OVER Vol.12として参加しました。

 

台湾最大級の規模で、台湾総統も開催式典に出席するなどかなり大規模な展示でした。

ホテルの部屋の一室をスペースにして、そこで今まで展開してきたグループ展"CROSS OVER Vol.12"を持ち込んで開催しました。CROSS OVERの展示を遂に国際アートフェア内で展開することができました。

 

台湾だけでなく世界各国の来客や関係者、キュレーターに作品を見てもらう機会があり、今までとは桁違いのスケールで新たな一歩に踏み込んだ展示となりました。

 

With CROSS OVER Vol.12, we participated in an international art fair held at Sunworld Dynasty Hotel from December 20 to 24 in Taipei, Taiwan.

 

It was one of the largest art fairs in Taiwan with even the president of Taiwan attending the opening ceremony.

We were able to use one of the rooms in the hotel as a space to hold the group exhibition CROSS OVER Vol.12, which we have been working on for a while. We were finally able to develop CROSS OVER at an international art fair.

 

We had the opportunity to show our works to visitors, officials, and curators not only from Taiwan but also all over the world, making it a new step forward for us on an unprecedented scale. 

 

→ Art Square Taipei 2018 FB Album

 

CROSS OVER Vol.11 In Kaohsiung,Taiwan

 

 

CROSS OVER Vol.11は台湾の高雄にある25togo Bright!で行われました。ここは駁二芸術特区という倉庫が立ち並ぶ敷地をアートスペースにリニューアルした複合施設に隣接していることもあり、このような立地から観光客やアートに興味がある現地の人達が毎日訪れ、集客もかなり良かったです。高雄は街自体は大きくないですが、上記のようにアートに関係する施設も点在しているため今後また何か行うきっかけを作れそうな場所だと感じました。

 

CROSS OVER Vol. 11 was held at 25togo Bright! in Kaohsiung, Taiwan, adjacent to the Pier-2 Art Zone, a complex of warehouses that have been transformed into an art space. Due to its location, tourists and locals who are interested in art visit the site every day, attracting quite a few visitors. While Kaohsiung itself is not a large city, it is, as mentioned before, dotted with art-related facilities, making it the place where an opportunity could be created for us to do something in the future.

 

▶︎CROSS OVER Vol.11 FB Album

 

 

Panchi Sayagyi U Thu Kha 100 Years Anniversary Art Exhibition

 

 

ミャンマーの国際展示会に参加しました。この展示自体はCROSS OVERの企画とは関係ないですが、今までのCROSS OVERの参加者のうちの3名が出展することになりました。

 

Panchi Sayagyi U Thu Kha(1918~2007)は有名なミャンマーの画家で、生涯にわたり現地の画家育成に尽力した功績から今でも多くの人々に尊敬されています。今年はその生誕100周年を記念した大規模展示が行われました。

 

ミャンマーや東南アジア出身の来客、作家、キュレーターの方々と交流することができ、ミャンマーのアートや展示はあまり日本では知られていないかもしれませんが、東南アジアを中心に行動するCROSS OVERならではの現地に密着した展示活動が実を結びこの展示に参加することができました。

 

We participated in an international exhibition in Myanmar. This exhibition itself is not related to the CROSS OVER project, but three of the past CROSS OVER participants decided to join the exhibition.

 

Panchi Sayagyi U Thu Kha (1918~2007) is a famous Myanmar painter who is respected by many people to this day for his lifelong efforts to foster local artists. This year, a large-scale exhibition was held to commemorate his 100th birthday.

 

We got to interact with visitors, artists, and curators from Myanmar and Southeast Asia, and although Myanmar's art and exhibitions may not be as well known in Japan, I had the chance to participate in this exhibition due to the fruits of CROSS OVER's localized activities that focus on Southeast Asia.

 

 

CROSS OVER Vol.10 In Kuala Lumpur,Malaysia

 

 

CROSS OVER Vol.10はマレーシア、クアラルンプールのRaw Art Spaceで行われました。ここは市街地の中心地にあり、様々なギャラリーが入居している古い雑居ビルの一角にあります。アンダーグラウンド嗜好のオーナーが運営していることもあり、オルタナティブな活動をしている作家や観客との交流がメインでした。また現地のウェブアートメディアにも展示の概要が紹介されるなど反響もありました。

 

CROSS OVER Vol. 10 was held at the Raw Art Space in Kuala Lumpur, Malaysia, located in the center of the city in a corner of an old multi-tenant building that houses various galleries. Run by an owner with underground tastes, the main focus of the event was an exchange between artists and viewers who are involved in alternative activities.

The exhibition was also well received by outlets such as local Web Art Media, which introduced its outline.

 

▶︎CROSS OVER Vol.10 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.9 In Singapore

 

 

CROSS OVER Vol.9はシンガポールの高島屋の入っている建物の義安城のオフィス階のCityhub義安城内の廊下で行いました。いくつものオフィスが同居する場所でそこで勤務している人や来客の多くが足を留めて興味を持ってくれました。

今まで廊下で何か催し自体が行われたことがなかったそうで、展示によって廊下に新たな用途を生み出すこともできました。

 

CROSS OVER Vol. 9 was held in the corridor of Cityhub on the office floor of Ngee Ann City, the building that also houses Takashimaya in Singapore.

This is a place where many offices are co-located, with many of the people working there and visitors stopping by with curiosity.

With apparently no event having ever been held in the corridor before, our exhibition was able to create a new use for it.

 

▶︎CROSS OVER Vol.9 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.8 In Taipei,Taiwan

 

 

CROSS OVER Vol.8は初めて東南アジアではなく日本の隣である台湾で行いました。場所は新しくオープンしたCrown Business Centerというシェアオフィスで行いました。オーナーが熱心かつとてもフレンドリーで積極的に集客や環境作りを行ってくれました。またアートフェアのキュレーターも訪れるなど以前に増して手応えのある展示になりました。

 

CROSS OVER Vol. 8 was held for the first time, not in Southeast Asia but Japan's neighboring country of Taiwan. It was held at the newly opened shared office called Crown Business Center.

The owner was hospitable and very friendly, actively working to attract visitors and create an environment.

We have also had a visit from an art fair curator, making the exhibition even more promising than before.

 

▶︎CROSS OVER Vol.8 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.7 In Bangkok,Thailand

 

 

今回は再びギャラリーCho Whyを再び使用しました。しっかりしたラインナップと告知も行ったため来客は多く、また会場の屋上で数日間別の団体のアートイベントもあったことから、現地のアーティストや観客もイベント終了後に自動的に展示を来てくれるなど様々な要素が重なった相乗効果がありました。

そのおかげもあり来場者との交流を通して、より現地を知ることができた期間になりました。

 

We have chosen the Cho Why gallery this time once again. With many visitors due to our solid lineup and announcements, local artists and audiences automatically came to our exhibition afterward since there happened to be another art event by a different group on the rooftop for a few days, creating a win-win situation.

Thanks to this, we have had the opportunity to learn more about the local area through interaction with the visitors.

 

▶︎CROSS OVER Vol.7 FB Album

 

CROSS OVER Vol.6 In Singapore

 

 

今回の展示はシンガポールのアートスペースINSTINCで行いました。会場自体は大きくはないですが、充実した出展者と作品を用意でき、コンテンポラリーダンスのオープニングアクトも行いました。シンガポールはアートは盛んですがコマーシャルギャラリーがメインで、中小規模のギャラリーはあまりメジャーでない中で、現地のローカルシーンやその実情に展示を通して入り込むことができました。

 

This exhibition was held at INSTINC, an art space in Singapore. The venue itself is not large, but we were able to prepare a full range of exhibitors and works while having an opening act of contemporary dance.

Although Singapore has a thriving art scene, it is mainly commercial galleries with small and medium-sized galleries being not so major, so through the exhibition we were able to get into the local scene and its state of affairs.

 

▶︎CROSS OVER Vol.6 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.5 In Yangon,Myanmar

 

 

今回の展示は以前から交流のあったミャンマーのヤンゴンにあるNew Treasure Art Galleryで行いました。

ギャラリーの告知だけでなく日本からわざわざミャンマーで展示を行うこと自体があまりなかったからかテレビの取材や展示風景が新聞にも掲載されるなどかなり反響がありました。新しい環境で柔軟に行動し続けるCROSS OVERの価値の一端が来場者、ギャラリー、出展者の方々に共有できた展示でした。

 

The exhibition was held at the New Treasure Art Gallery in Yangon, Myanmar, with which we had a longstanding relationship.

In addition to the announcement of the gallery, the exhibition received great public reception, including TV and newspaper coverage of the scene since it was not common to have an exhibition in Myanmar from Japan. It was a great opportunity for visitors, the gallery, and exhibitors to share a part of the values of CROSS OVER, which continues to move and adapt to a new environment.

 

▶︎CROSS OVER Vol.5 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.4 In  Siem Reap,Cambodia

 

今回の展示は再びシェムリアップで行いました。出展者は二人のみで、場所もかなりローカルなギャラリーだったため規模は小さかったですが、雰囲気も良く、地域に根ざした地域密着型の展示を行うことができました。

 

This exhibition was once again held in Siem Reap. Although the scale of the exhibition was small as there were only two exhibitors and the location was a very local-based gallery, the atmosphere was good and we were able to hold a community-based exhibition.

 

▶︎CROSS OVER Vol.4 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.3 In Bangkok,Thailand

 

 

前回の二回で終わる予定のCROSS OVERでしたが、反響があったため再びメンバーを集め展示を行うことになりました。会場はまたバンコクですが以前とは異なるSathorn 11 art spaceで行い、グラフィックアート、絵画、イラスト、写真の13名で展示を行いました。

 

CROSS OVER was supposed to end after the last two exhibitions, but the response was so overwhelming that we decided to gather members and hold it again.

An exhibition was held in Bangkok again but at Sathorn 11 Art Space, a different venue than before, with 13 artists in graphic art, painting, illustration, and photography.

 

▶︎CROSS OVER Vol.3 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.2 In Siem Reap,Cambodia 

 

 

一回目と同じ作家と作品で場所をカンボジアに移動し展示を行いました。会場はシェムリアップにあるThe Republicで、会期も長かったので、展示だけではなくコンテンポラリーダンスのワークショップなども行うなど現地でのオルタナティブな活動にも挑戦しました。

 

We moved the exhibition to Cambodia with the same artists and works as the first exhibition. The venue was The Republic in Siem Reap.

Since the event period was long, we challenged ourselves to do alternative activities in Cambodia, such as holding contemporary dance workshops on top of the exhibition.

 

▶︎CROSS OVER Vol.2 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.1 In Bangkok,Thailand  

 

 

一回目のCROSS OVERはバンコクのアートスペースCho Whyにて行いました。グラフィックアート、絵画、写真、テキスタイル、映像、コンテンポラリーダンスの多ジャンルの作家による合同展示でした。初めてで手探りの状態でしたが、日本と海外と繋ぐCROSS OVERの原型ができあがった展示でした。

 

The first CROSS OVER was held at Cho Why, an art space in Bangkok. It was a joint exhibition of artists from various genres such as graphic art, painting, photography, textile, video, and contemporary dance.

Although we were still in a state of figuring it out, the exhibition created the prototype for CROSS OVER to connect Japan with the rest of the world.

 

▶︎CROSS OVER Vol.1 FB Album