CROSS OVER Vol.16 In Bangkok,Thailand

 

 

CROSS OVER Vol.16は場所はタイ最大の芸能プロダクションGMMグラミーのビルの中にあるシェアオフィスのThe Companyで行いました。会場内も様々なイベントが行われていたのでその中で展示の紹介をさせてもらったり、オフィスは日系の会社ということもありバンコクの在住の日本人の来客も多くあり、普段は現地の人をターゲットにしていましたが、今回は新しい客層と交流することができました。

 

→ CROSS OVER Vol.16 FB Album (準備中)

 

 

CROSS OVER Vol.15 In Taipei,Taiwan

 

 

CROSS OVER Vol.15は以前展示を行ったCrown Business Centerの新しくできた別のシェアオフィスで行いました。フレンドリーなオーナーの元で積極的に集客や環境作りを行ってくれました。不動産関係の集客が多く一見アートと関係ないようにも思えますが、新築した建物に設置する絵画作品などの需要もあり、普段とは異なる客層の方々と交流できました。

 

→ CROSS OVER Vol.15 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.14 In Bangkok,Thailand

 

 

CROSS OVER Vol.14はタイのバンコクのアートスペースKalwit Studio & Galleryで行われました。ギャラリーは規模は大きくはないですが、現地で配布されているのアートマップにも記載されているところで、アットホームな雰囲気の展示を通してローカルな交流を掘り下げることができました。

 

→ CROSS OVER Vol.14 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.11 In Singapore

 

 

CROSS OVER Vol.13はシンガポールのアートスペースThe Substationで行われました。ギャラリーは立地の良さと知名度もあり、また開催時期はシンガポール各地でアートウィークが行われていたこととも重なり、ギャラリー巡りをしている観光客や現地の学生などが訪れ、全体的に来客は多かったです。現地のオルタナティブなアート環境にまた少し足を踏み入れることができ、充実した展示期間になりました。

 

→ CROSS OVER Vol.13 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.11 In Kaohsiung,Taiwan

 

 

CROSS OVER Vol.11は台湾の高雄にある25togo Bright!で行われました。ここは駁二芸術特区という倉庫が立ち並ぶ敷地をアートスペースにリニューアルした複合施設に隣接していることもあり、このような立地から観光客やアートに興味がある現地の人達が毎日訪れ、集客もかなり良かったです。高雄は街自体は大きくないですが、上記のようにアートに関係する施設も点在しているため今後また何か行うきっかけを作れそうな場所だと感じました。

 

→ CROSS OVER Vol.11 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.10 In Kuala Lumpur,Malaysia

 

 

CROSS OVER Vol.10はマレーシア、クアラルンプールのRaw Art Spaceで行われました。ここは市街地の中心地にあり、様々なギャラリーが入居している古い雑居ビルの一角にあります。アンダーグラウンド嗜好のオーナーが運営していることもあり、オルタナティブな活動をしている作家や観客との交流がメインでした。また現地のウェブアートメディアにも展示の概要が紹介されるなど反響もありました。

 

→ CROSS OVER Vol.10 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.9 In Singapore

 

 

CROSS OVER Vol.9はシンガポールの高島屋の入っている建物の義安城のオフィス階のCityhub義安城内の廊下で行いました。いくつものオフィスが同居する場所でそこで勤務している人や来客の多くが足を留めて興味を持ってくれました。

今まで廊下で何か催し自体が行われたことがなかったそうで、展示によって廊下に新たな用途を生み出すこともできました。

 

→ CROSS OVER Vol.9 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.8 In Taipei,Taiwan

 

 

CROSS OVER Vol.8は初めて東南アジアではなく日本の隣である台湾で行いました。場所は新しくオープンしたCrown Business Centerというシェアオフィスで行いました。オーナーが熱心かつとてもフレンドリーで積極的に集客や環境作りを行ってくれました。またアートフェアのキュレーターも訪れるなど以前に増して手応えのある展示になりました。

 

→ CROSS OVER Vol.8 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.7 In Bangkok,Thailand

 

 

今回は再びギャラリーCho Whyを再び使用しました。しっかりしたラインナップと告知も行ったため来客は多く、また会場の屋上で数日間別の団体のアートイベントもあったことから、現地のアーティストや観客もイベント終了後に自動的に展示を来てくれるなど様々な要素が重なった相乗効果がありました。

そのおかげもあり来場者との交流を通して、より現地を知ることができた期間になりました。

 

→ CROSS OVER Vol.7 FB Album

 

CROSS OVER Vol.6 In Singapore

 

 

今回の展示はシンガポールのアートスペースINSTINCで行いました。会場自体は大きくはないですが充実した出展者と作品を用意でき、コンテンポラリーダンスのオープニングアクトも行いました。シンガポールはアートは盛んですがコマーシャルギャラリーがメインで、中小規模のギャラリーはあまりメジャーでない中で、現地のローカルシーンやその実情に展示を通して入り込むことができました。

 

→ CROSS OVER Vol.6 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.5 In Yangon,Myanmar

 

 

今回の展示は以前から交流のあったミャンマーのヤンゴンにあるNew Treasure Art Galleryで行いました。

ギャラリーの告知だけでなく日本からわざわざミャンマーで展示を行うこと自体があまりなかったからかテレビの取材や展示風景が新聞にも掲載されるなどかなり反響がありました。新しい環境で柔軟に行動し続けるCROSS OVERの価値の一端が来場者、ギャラリー、出展者の方々に共有できた展示でした。

 

→ CROSS OVER Vol.5 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.4 In  Siem Reap,Cambodia

 

今回の展示は再びシェムリアップで行いました。出展者は2人のみで、場所もかなりローカルなギャラリーだったため規模は小さかったですが、雰囲気も良く、地域に根ざした地域密着型の展示を行うことができました。

 

→ CROSS OVER Vol.4 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.3 In Bangkok,Thailand

 

 

前回の2回で終わる予定のCROSS OVERでしたが、反響があったため再びメンバーを集め展示を行うことになりました。会場はまたバンコクですが以前とは異なるSathorn 11 art spaceで行い、グラフィックアート、絵画、イラスト、写真の13名で展示を行いました。

 

→ CROSS OVER Vol.3 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.2 In Siem Reap,Cambodia 

 

 

1回目と同じ作家と作品で場所をカンボジアに移動し展示を行いました。会場はシェムリアップにあるThe Republicで、会期も長かったので、展示だけではなくコンテンポラリーダンスのワークショップなども行うなど現地でのオルタナティブな活動にも挑戦しました。

 

→ CROSS OVER Vol.2 FB Album

 

 

CROSS OVER Vol.1 In Bangkok,Thailand  

 

 

1回目のCROSS OVERはバンコクのアートスペースCho Whyにて行いました。グラフィックアート、絵画、写真、テキスタイル、映像、コンテンポラリーダンスの多ジャンルの作家による合同展示でした。初めてで手探りの状態でしたが、日本と海外と繋ぐCROSS OVERの原型ができあがった展示でした。

 

→ CROSS OVER Vol.1 FB Album